コエンザイムQ10の効果

生活習慣病予防とコエンザイムQ10

食生活や運動、喫煙などの生活習慣が主な原因となって起こる生活習慣病には、コエンザイムQ10が有効であるといわれています。
生活習慣病の進行は自覚症状がほとんどないのが特徴で、不調に気づいた時には命に関わる状態にまで進んでいる場合もあります。

生活習慣病を予防するには、それまでの生活習慣を見直し、改善を図ることがもっとも重要です。
しかし、コエンザイムQ10の働きは、生活習慣病の予防をサポートする効果が期待できるといわれているのです。
この記事では、コエンザイムQ10が生活習慣病の予防に有効な理由についてご紹介します。

生活習慣病とは

生活習慣病とは、文字通り、生活習慣によって引き起こされる疾患のことです。
偏った食事や喫煙・過度の飲酒、運動不足や強いストレスといった習慣や外的要因などが積み重なると、発症する可能性が高まると考えられています。
主な生活習慣病には、

などが挙げられ、いずれも自覚症状が薄いというのが特徴です。
そのため放置されることが多く、本人が気づかないうちに進行し、心臓や血管、脳などにダメージを与えていきます。
上記の中でも、高血圧と肥満、高脂血症と糖尿病の4つは「死の四重奏」とも呼ばれ、これらが重なると血管の疾患を起こしやすいことが明らかになっています。
その結果、心筋梗塞や脳梗塞などの命に関わる疾患につながることもあるため、生活習慣病は「サイレントキラー」とも呼ばれているのです。

コエンザイムQ10が生活習慣病に有効な理由とは

生活習慣病が招く、心筋梗塞などの疾患が起こってから予防策を摂り入れているのでは手遅れなのはいうまでもありません。
そのため、日ごろから自分の健康を意識した生活を送ることが大切です。
ここでは、主な生活習慣病に対するコエンザイムQ10の有効性についてご紹介します。

コエンザイムQ10と高血圧

そもそも血圧とは、血液が流れるときに血管にかかる圧力のことを指します。
血圧が高いと、血管への負担が常にかかっている状態になり、血管の損傷や老化を促すことにつながるのです。
コエンザイムQ10には高い抗酸化作用があるため、血中のLDL(悪玉コレステロール)の酸化を防ぐ効果が期待でき、高血圧予防になると考えられています。
体内のさまざまな成分と反応する活性酸素は、タンパク質と反応して変性させたり、細胞膜の脂質などを酸化させて過酸化脂質を生じさせたりします。
LDLが酸化されると血管の老化も助長することになり、動脈の血管の弾力性が失われた状態の動脈硬化を引き起こすことになります。
コエンザイムQ10の抗酸化作用によって血管の弾力が保たれ、体内の正常な血液循環を妨げる動脈硬化の予防も期待できるのです。

コエンザイムQ10と肥満

医学的に肥満とは、体重ではなく脂肪の多さで判断され、体脂肪が多く蓄積された状態を指します。
肥満は心疾患や脳血管疾患などを引き起こす要因となるため、意識的に予防や対策をおこなう必要があるのです。
コエンザイムQ10は細胞に存在する小器官のミトコンドリアの中で、脂肪酸の代謝をおこなう補酵素として作用しています。
そのためコエンザイムQ10を摂取すると、脂肪からエネルギーへの変換が活性化し、肥満の解消につながると考えられているわけです。

コエンザイムQ10と高脂血症

高脂血症とは、血液中のLDLや中性脂肪が増えすぎてしまう疾患のことです。
自覚症状がないため放置されやすく、知らないうちに動脈の壁にLDLや中性脂肪が蓄積されて硬くなり、動脈硬化へと進行する恐れもあります。
健康な血管は弾力性があり、脳や心臓、全身に必要な血液が送られますが、弾力性を失った血管は、コレステロールなどの固まりによって狭まってもいるため、血液を十分に送れなくなっているのです。
前述のとおりコエンザイムQ10には抗酸化作用があるため、LDLの酸化を防ぎ、高脂血症の予防が期待できると考えられています。

コエンザイムQ10と糖尿病

糖尿病は、血中のブドウ糖が増えすぎた状態が慢性的に続く疾患です。
通常、血液中の糖は「インスリン」という成分によりエネルギーへ変換されていきます。
しかし、生活習慣の乱れなどが原因でインスリンの分泌量が減ったり、効果が弱まったりすることで血液に糖が溜まっていってしまうのです。

高血糖自体は特に自覚症状などはありませんが、高血糖の状態を放置しておくと合併症を引き起こす恐れがあります。
糖尿病には特有の合併症があり、

のなどが挙げられます。
これらの合併症が進行していくと、失明や体の壊死など重篤な症状へと進行してしまうこともあります。

コエンザイムQ10には、エネルギーの生産を効率化させる働きがあり、糖をエネルギーの変換するインスリンをサポートする効果があるのです。
実際に糖尿病患者へのコエンザイムQ10を投与した臨床試験の結果では、血糖バランスの改善が見られたため、コエンザイムQ10が糖尿病に有効とされています。

ページのトップへ戻る